援助交際は楽しいものなのか

彼女は、今子供もいる主婦の助成ですが、これまでに援助交際をしたことがあります。
その援助交際を最初にすることになったときは、働いていた職場で声をかけられたことがきっかけになったといいます。
職場の飲み会で盛り上がることになって、そのまま上司とセックスをすることになったのです。
そのときに、上司からお金をもらってしまったので、これは援助交際だということに気付いたのです。
それがもしかして援助交際かもしれないと思ったのは合っていたことで、そのまま関係がしばらく続くようになりました。
不倫や浮気といったものとは違って、あくまで割り切った援助交際の関係として続いていったのです。
その関係は結局彼女が退職をするまで続いたのですが、職場ではそういったことがばれるようなこともありませんでした。
相手の男性の家庭が壊れてしまうようなこともなく、特にトラブルもなく終わっていったのです。
彼女としては、援助交際をすることそのものは、お金をもらうことができるので良いものと思っていたといいます。
むしろ、自分自身でも楽しんで行なっているものだと考えていたようですね。
援助交際をすることに特に罪悪感のようなものも感じることはなく、今では旦那さんにはそのことは言えませんが、別に問題はなかったと思っているようです。
ですが、だんだんと後からになってきて後悔をすることもでてくるといいますね。
若い女性は自分が援助交際をするということの意味について考えるようにしましょう。